2022年度成蹊テニス会定期総会(書面決議)のご報告・新旧会長あいさつ

6か月 ago 1992_島崎 0

成蹊テニス会 会員各位

拝啓 平素は成蹊テニス会会員の皆さまにおかれましては、会の運営にご高配を賜り御礼申し上げます。

さて、先に実施いたしました成蹊テニス会総会の書面決議の結果、以下のとおり各議案のご承認をいただきましたので、ご報告申し上げます。

2022年度の成蹊テニス会活動も、多くの制約の中での運営になりますが、新しいメンバーと工夫しながら進めてまいりたいと思います。引き続き、会員の皆さまのご支援・ご協力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

敬具

 

1.投票数

104票(はがき投票:29票、ホームページ投票:75票)

2.次の各議案とも承認可決されました。

第1号議案  2021年度 活動報告並びに基金の状況報告、2021年度会計報告の件

第2号議案  2022年度 活動計画並びに2022年度予算の件

第3号議案  2022年度運営体制の件

以 上

 

2022年5月吉日
成 蹊 テ ニ ス 会
会 長  瀧 友彦

 


退任のご挨拶

2022年度の成蹊テニス会定期総会をもって、会長を退任いたしました。
2016年の会長就任以来6年間にわたり、会員の皆さまには、一方ならぬご高配・ご支援を賜り心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

成蹊学園硬式庭球部は、4年後の2026年に創部100周年を迎えることとなります。
テニス部OBOGからなる成蹊テニス会も、歴史を重ねて今では幅広い年代層の多くの会員で構成される大きな組織となりました。

新会長を中心とした新たな役員体制のもとで、成蹊テニス会がますます発展し続けることができますよう、今後も引き続き、会員皆さまのご支援・ご協力をなにとぞよろしくお願い申し上げます。

江橋 治郎(大学・1979年卒)

 


会長就任挨拶

新緑の候 OB 会員の皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は OB 会の運営にあたり多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

先般開催されましたOB 会総会の決議により、江橋前会長の後任として OB 会会長職を拝命しました1988年 年卒の瀧 友彦と申します。歴代の実績ある諸先輩方に比して、現役時代の実績も OB 会での貢献も、大きく見劣りする私が、諸先輩・後輩諸氏のご推挙もあり、会長の任を果たすことになりました。OB 会の更なる発展と現役強化に向け一層努力いたす所存でございますので、前任者同様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

現役テニス部も昨今の他校の強化活動、新設部の参入など学校挙げての強化等により序列も変化している中、何とか上位を目指して頑張ってくれております。我々OB 会としては、活躍してくれるのは当然ながらも、ただ単に結果ばかりを評価するのではなく、テニスというスポーツを通じて、その部活から学べるコミュニケーションスキルやマネージメントスキルを磨いて社会人として立派に活躍出来る人材育成をサポートする事も重要な支援の在り方ではないかとも考えております。

我々OB 会が果たす役割は、益々重要になってきています。特に現役強化の面で若い世代の OB の位置付けは大きいと思っております。今後も OB 会の皆様に、ご参加頂く機会をつくり、会員相互の親睦を図りたいと考えております。引き続き皆様方のご協力を賜りたいと存じます。

最後になりますが、桜祭りが中止となり対面ではかないませんでしたが、OB 会員、ならびにご家族の皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げまして、私の就任の挨拶とさせていただきます。

敬具

2022年5月吉日
瀧 友彦(大学・1988年卒)